ModernStandard代表松田の我流経営見聞録

WEBのチカラで群雄割拠を渡り歩く、IT賃貸仲介業のマネジメント備忘録ブログ

ModernStandard代表松田の我流経営見聞録 イメージ画像
株式会社ModernStandard
http://www.m-standard.co.jp/
 ❏代表者(ブログ著者)紹介
 DSC_2107





松田啓介 岡山県倉敷市出身 1978年2月2日生まれ。
株式会社モダンスタンダード 代表取締役
株式会社ログポース 代表取締役

マネジメント

この四半期と4月までを振り返ってみて。自分の立場からは随分社内が整然とされて主体性も見えるようになったし、数値的な達成ではなく会社としての根源的な問題が改善されたなと思ってます。 具体的にどんなアクションを取ったのか備忘録としても記しておこうと思います。

イノベーションとは時に残酷なもので、従来までにあった既存のサービスを駆逐することと同義に当たります。これまでには成し得なかった料金体系で、かつそれでも生産性と利益を維持できるようなサービスへと変貌できれば、従来型サービスを根底から駆逐していってしまいます

私はこれまで半年かけて戦略論や戦争戦略の歴史を学んできて一つの結論のようなものに出会いました。それは戦略とは戦争戦略が第一目標ではなく、政治戦略を第一目的とするものであるという点と、この考えで経営にリンクさせた場合、企業における政治は市場シェア獲得におけ

「責任を取る」という言葉が横行し、だれでも簡単に責任をとれる仕組みなんて言うものまであるようですが、結論から言うとこの体制は蜥蜴(とかげ)のしっぽ切り型体制であると言わざるをえません。責任は、いかに末端での有事においても、常に最上位に帰属する性質のもので

儒教的率先垂範とも言うべきリーダーシップ理論がありますが、耳心地は良いのですが誰からも嫌われないような生き方は、実は誰からも後ろ指を刺されるべき、表面的な偽善と欺瞞の入り混じったものであるかのように思えます。組織のTOPとなる人があまりにも誰の耳にも聞こえの

うちうちの話になりますが、少し以前にマネジメント能力が未熟なマネジャーのマネジメントフィーを減俸したことがあります。当然その時の反応は、社長相手には見せないけれど、給与が下がったことへの不満気な表情や、声に聞こえてきたりするものですが、もちろん僕はお構い

本日2月2日は僕の誕生日ですが、いろんなところでお祝いしていただいてありがとうございます。ところで昨日は2月1日で、モダンスタンダードでは恒例の月例報告会(旧月初会議)がありました。 まだまだ納得できる成果ではないと思いますが、計画実行の成果は最高のプレゼン

1月も今日で終わりですが、新年はさいさきよく計画通りで進展してます。計画通りなんて言うのは、結論だけ見れば簡単ですが、計画の中身が履行されるのは難しいですね。計画と目標だけがコミットされていても、プロセスの中身がバラバラになりやすいものですし。しかし、誤差

なんでもそうですが現在完成形のものは実はこの世にはありません。誰が考えたのか知りませんが、バージョン〇〇なんていう表現が現在では主流です。家電製品なんてものは、1年もしたら随分とマイナーチェンジしちゃいます。わが社でもマイナーチェンジを繰り返していて、Ver

本日は理念と行動についてロジックツリーをもとに解説します。当社は、経営理念とそれを支える3つのビジョンにより市場にコミットメントしています。理念と理念体系は、我々がしかるべき形で行う最大の市場へのコミットだと考えます。一方的に自己実現で掲げる理念ではなく、
『理念、ビジョン、行動指針、3C、コミットメントのロジックツリー』の画像

↑このページのトップヘ