ModernStandard代表松田の我流経営見聞録

WEBのチカラで群雄割拠を渡り歩く、IT賃貸仲介業のマネジメント備忘録ブログ

ModernStandard代表松田の我流経営見聞録 イメージ画像
株式会社ModernStandard
http://www.m-standard.co.jp/
 ❏代表者(ブログ著者)紹介
 DSC_2107





松田啓介 岡山県倉敷市出身 1978年2月2日生まれ。
株式会社モダンスタンダード 代表取締役
株式会社ログポース 代表取締役

チームビルディング

面接に来た21歳の若者が興味深いことを言った。「若いうちに苦労して、早くお金や成功をつかみたい。」いいと思う。だけど、おもろいか?それ。本当にやりたいことあると、あれもこれもはできなくなるから、何かを犠牲にはする。でもそれは苦労とは違うよ。やりたいことや

営業担当者に時々話す事があります。「君はいつまで選手でいたいのか?」「選手ではなくなったらどうするつもりなのか?」「野球やサッカーで有名選手たちがその後どのような人生を送るのか?」「今の一流は次のステージの一流と必ずしも一致しないよ」と。「個人プレーがい

ブログネタ
『才能』って何だと思いますか? に参加中!
今日は15日なので、定例の中間会議。今月も引き続き絶好調です。結構皆さんに僕らの事を知ってもらい始めてるような感触です。名前を傷つけないようなサービスを心掛けます。体力勝負な気温ですので、体調管理を最優先にして乗り切ります。さて掲題のテーマについて。以前

頑張っているのに実入りが増えないと嘆く人がいる。本当に頑張っても給料が上がらない会社なら辞めて違う道を選ぶべき。けど、頑張ったかどうかはどうやって決めましたか?誰かに頼まれた仕事をこなす事を頑張ったと言っていますか?頼むほうは給料を払っているから、頼むん

当社では創業当初から、朝礼の際に五省を読み上げます。本当は終礼で読むのがよいかと思いますが、朝一番で昨日までを振り返ったほうが、今日一日の始まりに張りが出ると思うのです。五省とは、戦時中広島の海軍江田島兵学校の訓示としてあった言葉です。軍隊的な意味だけで

そりゃ出来て当然。そう、報告・連絡・相談のことです。報告とは伝言ではありません。ポジティブな報告は謙虚に、ネガティブな報告は潔く行うことが大切です。連絡とは電話をかけることではありません。そこにはマナーがあります。相談とは甘えることではありません。 何につ

ある社員に聞きました。「野心はある?」首をかしげて、答えない。 野心とは、下剋上だけが野心では無いと思う。自分のやりたかったことを、社内を説得して行動に移し、収益を上げ、評価を勝ち取り、結果を手に入れる。それはすでに野心以外のものではないと思う。同じ方向

賃貸業界の営業のレベルが低いという記事を、あるブログで見た。誰と比べていたのでしょうか?その人はもしかして自分と比べていたのでしょうか?去年のあなたは何をしていましたか?僕は去年の今頃必死にHP製作をしていました。試行錯誤を繰り返し、製作会社と打合せを繰

↑このページのトップヘ