随分ブログ書いてないと薄々気づいてましたが、SNSの時代が変わり、Facebookで発信することで、ブログでいろいろ書いていたことも、消化されてしまうようになってしまってました。

そもそもは言いたいことやりたいことを書いてましたが、自分のアウトプットを強化しつつ、まだお会いしたことがない人にでも、自分がどういう人間かわかってもらえるツールとして活用していましたが、記事が溜まって、そこまで更新しなくてもそれができてしまうようになったことも、一つの理由ではあります。

このブログは、およそマネジメント全般について書いてることが多いのですが、最近はマネジメントのデザインより、ビジネスモデルをデザインすることにようやく着手できるようになってきました。大前提は、既存の賃貸仲介サービスの磨き上げを任せられる人材に恵まれたことも大きな要因ですが、改めて自分自身のスキルを試したいことができたことも、大きな要因です。

僕は賃貸仲介サービスを学んで起業しましたが、起業後に独自のマーケティングを確立することで、今のポジショニングを得ることができるようになりました。つまり「賃貸仲介×マーケティング」が今のモダンスタンダードと言えます。おかげで優良顧客に絞った集客ができ、良質な物件を保有するオーナーに大きなフィードバックを返せます。

このことは、WEBマーケティングが走りだして割と早く視野に入りましたが、社内整備と育成機関を設け、それらが手離れして機能してくれるまでに、5年近い歳月がかかったため、同時並走を避け、後回しにしてきました。経営判断として、早めに賃貸管理や売買仲介の専門家を採用することができていれば、結果はもう少し違ったかもですが、自分の器の限界がこの形だったんだろうと思いますし、それ以上に「賃貸仲介サービスを大事にしたい」という、自分が起業したビジネスに対する思い入れ、というか一種のワガママだったんだろうと思います。

仮に僕が右に進む間、左を任せられる幹部がいれば違ったかもしれませんが、どちらかといえば、僕が左を見てるから右に進んでくれとお願いしたら、明後日の方に行っちゃった、というのが真相だったのかもしれませんが笑笑。今となっては、結果出した奴が全てですから、間違いもご愛嬌ということで。

とまあ、文字通りの紆余曲折を経て、現在では賃貸管理部、売買仲介事業部がきちんと機能し、賃貸仲介サービスの錬磨も同時に進むという、同時並走を何本もこなせる骨太な組織になってくれたのは、感無量と言えます。このまま、さらに新しい仕込みも続けられるバイタリティを、今のまま維持できれば「事業継続年数が企業成長と比例する」とさえ言い切れそうな強さを感じます。

「空中分解する可能性が数%でもありそうなら進まない」というのが、当時の僕のやり方で、振り返れば若気の至りだったと思いますが、本来もっと先のステージでやるべきことを、かなり手前でやってしまった分、社内への負担は相当な大きさだったと思います。でも逆に一旦足元が固まって前進が始まったら、ちょっとやそっとじゃ恐怖を感じません。

やりすぎた感があるのが唯一反省点ですが、今はやってみて考える方針でも耐えれる組織へとなりつつあるので、慎重になる部分もめっきり減ったんじゃないかと思います。もちろんリスクに対しては慎重になるべきですが、賃貸仲介サービスの事業特性上、安定すればリスクが軽い分、リスクテイクする必要があるビジネスモデルへの挑戦を、自ら請け負うことができるのは幸せなことです。

ですのでこれからは、モダンスタンダードらしい、自分らしい、斬新で大胆なビジネスモデルをデザインしていきたいと考えています。枠を一つ二つ飛び越えて「そうきましたか!」ってことを皆さんにお見せできたら、やっと僕の自己実現ができたことになるのかもしれません。

経営(事業継続)がドラスティックでロジカルな大人の仕事なら、起業(事業創造)は好奇心と冒険を要するやんちゃな仕事です。ここからは、何より僕が1番楽しんで仕事したいと思います。

松田