今年の繁忙期は非常に市場が好調に推移している模様で、弊社データでのオーナー企業調査でも、稼働率は高水準で回っているようです。特に都心部では賃貸市況が好調のようですね。喜ばしいことです。

それはそれで良いんですが、なんやらどうもへんてこなサービス?が横行しているようで、 なんでもWEBサイトを運営し、SEOで上位表示させて、お客様からの反響だけを収集して、それを不動産業者に高額で販売しているというような。それはそれで悪いことじゃないんでしょうけど、情報配信元と、営業フローが切り分けられちゃうと、契約時に問い合わせ時の掲載情報ミスがあった場合、、、誰が責任取るんでしょう?

※この記事も良かったらどうぞ。高級賃貸サイト、不動産業者は比較しましたか?

もちろん都心のお客様はリテラシーも高いでしょうから、そのくらいはすぐにご判断いただいているでしょうし、おいそれとそんなサイト見て問い合わせはしないでしょうが、どうもこういう中身の薄いサービスでも、お客様にアプローチする力が弱い企業からすれば、セコセコお金払ってこういう顧客情報を買取りしたくなるようなんです。なんとも情けないというか、売る方も買う方もどっちもどっちですが、お客様の事なんてあまり考えてないんでしょうね。

そりゃまあ企業は生き残りをかけて必死なんでしょうけど、結局利権と目先の利益に目がくらむ企業なんてものは、目先数年後にはいるかどうかもわかりませんから、ムキになって相手するのも馬鹿らしいと思っていたんですが、僕の耳に聞こえてくるほど吠えてみたり、お客様から聞こえてきたり、壁に耳あり障子に目ありって言葉も知らないのかと思うほど、果てしなくお行儀が悪い。まあ、、、だからこんな調子なんでしょうけど(笑)

またこういう企業はサイトプロモーションも雑なんですね。中身の薄いコンテンツをゴミのように大量生産して、それでもGoogleを騙せるうちはいいんでしょうけど、いや、Googleもずっと気づかないかもしれないですね。それなりに巧妙な手口で感心するレベルですから。そういうところがまた、真面目な僕には腹が立つんですが。。

でもね。Googleさんは騙せても、お天道さまは騙せないでしょ。いい加減な奴は、結局いい加減なことしてるのが必ずバレますよ。そふざけた人たちにも口がついてて、一丁前にペラペラ喚くのと同じように、僕らのほうにも口もついてりゃ脳みそも付いてるんですよ。人間てのは感情の生き物ですから、真面目にやってる人ほどカチンと来るわけですよ。物騒な意味じゃなくて、まずはお客様や関係者各位にはきちんと内情を知ってもらおうと。

そもそもお客様に申し訳ないです。こんな薄いサービスでみっともないこと平気でやるような業者に、ご自分の個人情報をおいそれと売り渡されていたら、僕ならちょっと気分が悪いです。個人情報の管理体制とか、ちゃんとしてるんでしょうか?そういう業態ならプライバシーマークくらい取得してないと、気持ち悪くて問い合わせできませんよね。僕が勉強不足なら申し訳ないんですが、承諾もなく情報販売していいのかどうか。ミステリーです。

まして入り口もいい加減なら、そんなところに参加して顧客情報を買取りしてるような、お客様にアプローチしたいことも自分で思いつかないガサツな仲介業者に、どんな顧客サービスが提供できるんですかね?生き残りをかけてもがくのはご自由なんですが、プライドも誇りも失ってしまったんでしょうか?見苦しい落ち武者に成り下がるくらいなら、潔く大きな勝負の一つでもして、華々しく花道飾るのが先達の努めじゃないですかね?

まあそれができないからやってるんでしょうけど(笑)力なき正義は無力で、正義なき力は暴力。

なんていう生意気なこと書かせてもらいましたが、その分うちの会社だけでも、腹をくくってユーザーライクで最高のサービスを生み出せるように、日本一真面目に取り組んでいこうって決心したところです。いつか不動産業界が、真面目に面白いことやる業者で埋め尽くされることを願って。南無阿弥陀仏。

松田