毎年のことですからあらためて何を言う訳でもありませんが、お盆も通常営業とさせていただきました。猛暑の中ご来店いただきまして誠にありがとうございました。お盆にお部屋探しをされたことを後悔されることのないよう、誠心誠意のレスポンスとお約束を第一に、連休明けの業務を徹底しております。

せっかくなんでひとつ告知「【ご成約者さま特典】待望の家電オンラインショップがオープン!」
http://www.m-standard.co.jp/times/service/432.html

さて本題ですが、景気の良い時代(実感は人それぞれでしょうけど)になり 、採用は企業より求職者優位の市場のようで、どうやら失業率という側面から見れば活況に満ちているようですが、どうも我々中小企業にはこの数ヶ月ご縁がない日々が続いております。(すみません、うちだけかもしれませんが。。)

4月、5月、6月の入社組は非常に勤勉に研修をこなしてくれていて、 教える側もとても手応えを感じながら教えているようで、自分の目から見ても教える側の成長も著しいと感じています。もう2年近く前から始めた幹部研修ですが、おかげさまで幹部の意識は高く、かつリテラシーや経験値がゆるやかに上昇しているのがわかります。

当然僕も彼らとともに成長している最中なのですが、その僕が見てても成長を感じるくらいなので、もしかしたら立ち止まっている人たちからしたら猛スピードで成長してくれているのかもしれません。相対的な評価が基準ですから、全員が成長している中での評価になってしまうのは少し可愛そうですが。

もっと言えばバックオフィスの子たちが圧倒的なスピードで成長してくれてるのがありがたい限りです。経理、総務部門も、開発、受託部門も業務フローのIT化に順応性が高く、若い世代のたくましさを痛感してるところです。熟練のスタッフが何人いてもITに興味のある人には絶対的にかなわないもんですから。

今期においては、業績目標は計画通りに伸ばすことができそうですが、まだまだ投資フェーズが続き、回収はしばらくは先送りになるので不安要素は大いにありますが「経営者らしい乾坤一擲が自分にも出来るようになってきたのかも知れない」などと浮ついたことを考えながら、せわしない日が続きます。

8月で今期も終わり第7期を迎え、モダンスタンダードとしてもログポースとしてもさらにたくさんの挑戦が控えていますが、停滞した2年間を払しょくするためにたくさんのことを学び、経験し、犠牲も払いここまでこれたことを感謝しつつ、新しい期に臨んでいきたいと思います。

「乾坤一擲」のラストスパートまであと少し。

松田

だるまさん