御用聞き社員、サボる社員、ネガティブな社員に優しい企業は淘汰され、テクノロジーを駆使し、生産性をマネジメントし、大勢の社員がポジティブに仕事をする企業が市場を制圧する。日本ていう国は、死んでる企業も簡単に殺さないし、ゾンビのような労働者もあらゆる法律で守られるが、その環境で一番残酷な立場にいるは、死のカウントダウンを待つ企業の経営者だ。

リスクを取り、犠牲を払い、人間関係をも巻き込んで会社を興したのに、生産性が計画と伴わなくても、法の元に給与債権と原価が確実に発生し、人が辞めれば自身の無能を評価される。起業した途端に生殺し状態に陥り、生還できる人は上位数%。ほとんどの経営者は、自分が生殺し状態だったことに最後まで気づかないだろうし、少なくとも思いたいという人はいない。

自分もその中の一人だけど、バカでよかったとつくづく思う。生殺し状態だと気づいてしまったら、まともな脳ミソの人なら多分やってられないことでも、バカだとそれを楽しめる。やりたくてやったんだから文句は言えないのが、資本主義社会の良いところで悪いところだろうけど、仮に全てを失ったとしても、経験値と良い思い出が残るのは、せめてもの報いかもしれない。

それでも今日1日を必死にもがいて、雲を突き抜ける日を夢見れるのは、ただただ、お陰おかげのお陰様だろう。例えどう転んでも、往く道は精進にして、偲びて終わり悔いなし。

結局のところ、仕事以上にエキサイティングな娯楽はない。

松田